-

現実にPCのディスプレイの前に座って、リアルタイムで変化している市場を見ていると何となく売買をしなくてはいけないという感情が沸き起こる事も少なくないだろう。だがしかし、はっきりしない思いつきで売買することだけは、断じてしてはいけません。ご存知の通り、市場は年中常時どこかの国で外国為替相場はやっているし為替相場も常時、変動しています。とは言っても、何回もトレードを積み重ねると、その分だけマイナスになるリスクが高くなります。言うまでもなく、トレードの数を重ねることによって、だんだんと勝利する確率が半々になるのは事実です。でもその事実は「はっきりしない直感でトレード」とは別の話だ。売り買いの回数を積むという意味は自分で「ここはいける」と感じたチャンスを得た状態でのエントリー回数を積むという事を言っています。何となく、休む間もなく注文を繰り返すのとは大きく違う。相場の戦いに勝つためには、あなたが意識的にメリハリをつけることが大事です。「ここだ!」と思い至った外国為替相場の時には、迷わず所持ポジションを積み増して、積極的に利益を追求する。「ちょっと分からない相場でどう変化するのかわからないな」と思い至った時は執着しないで所有ポジションを閉じて何もしません。そのくらいのメリハリをつける方が結果的にエントリーは勝てます。相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。まさにその通りだと思います。相場とは、いついかなる時でもポジションを持っていることが大事ではなく、どれも保持せずじっと待っている事も、FXです。じゃあ、どういう時に、休みどきなのでしょうか。ひとつめは、先述した通り、最近のマーケットがはっきりとよく見えない時。これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、思いつきで行動すると、自身で書いた筋書きとは逆に為替相場が推移してしまい、損失を被ることになる。そのため、そうした状況ではポジションを無くして、そのまま静観を決め込むのがいいだろう。次に、体の具合があまりよくない時です。体の状態と市場に何の影響も与えないと感じる方もいますが実は案外つながりがあります。体の状態が変な時は、為替相場の決断しなければいけない場面で、必要な決定ができない。やる気がわかない時は、市場から離れてみるのも必要な事です。